猫を飼うための初期費用を算出してみる【事前予想】

この記事は約2分で読めます。

猫を飼うに当たって、ある程度のお金がかかることはもちろん予想できます。

そこで初期費用として大体いくらくらいかかりそうなのか?

事前算出をやってみました。

※当記事は続きモノです。

  1. 飼うなら犬か、猫か?
  2. 猫を飼うための初期費用を算出してみる【事前予想】 ←いま見ている記事
  3. 里親探し・ネコの譲渡会に行ってきました
  4. ネコ受け入れ準備【ケージ】

安易に考えすぎていた飼育予算

元々、ネコ飼育用にとざっくり考えていた金額は10万円です。

内訳はブリーダーからのネコ購入費用として7万円、初期設備投資費用として残り3万円。

そう、元々はブリーダーさんから購入しようと考えていたんです。

というのもネットで調べたら7万円ぐらいのネコちゃんもちらほらいたので大丈夫だろうとタカをくくっていたんですね。

しかしよくよく調べてみると、その金額でのネコちゃんはいろいろ条件があったり、場所が遠くて引き渡し不可とかだったりで購入できないものがほとんどでした。

そこで実際に購入可能なネコを探していくと…最低でも10万円超えになるってことがようやくわかったんです。

予算が10万円ですから、この時点でブリーダーからの購入は諦めるしかありません。

考えが甘かったですね。

ネコの里親

その後いろいろ検討した結果、里親としてネコを譲り受けるのが最も安くネコを手に入れる方法だという結論に至ります。

その里親も、譲渡団体によっては”無料”というものもあれば、事前のワクチン代や検査代などの”実費”を取られるところもあります。

そうは言ってももっとも高いところでもせいぜい2万円ぐらいでしたが。

そうなると8万円近くが浮く計算になります。

8万円あればどうにかなるだろう、その時はそんなふうに安易に考えていました。

しかし実際にはこんな金額で済むはずがなかったんです。

キャプチャ画像

ねこひかり

ネコは当然のことながら”生きている”

私のアタマの中で欠けていたいたもの…それは毎月の食費ワクチン代、病院代などの生活諸費でした。

車で言えば”維持費”みたいなもんですね。

それまではお恥ずかしいことに、
ケージやトイレなどの設備投資代ぐらいしか見えてなかったんです。

なんというか、はっきりとした現実味がまだ感じられてなかったというか、
なんとなく大丈夫だろうぐらいにしか考えてなかったんですね。

でもうちの奥さんの「毎月のエサ代とかもかかるよね」の一言で

”そうだよ、金かかるのは最初だけじゃないんだ”

という現実感が少しづつ目の前に見えてきたというわけです。

この辺の実際の支出については後々ご紹介していきます。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP