完全屋内飼育での猫ってはたして幸せなんだろうか

アイキャッチ画像
この記事は約4分で読めます。

家で飼う猫って、都市部に行けば行くほど室内だけで飼う家猫が多くなるんでしょう。

つまりはその家で一生を終えるってことですよ。

決して広くもない室内でずっと過ごし続ける…これって猫はどんな気持ちなんだろうなんてたまに考えたりもします。

家猫は当たり前の飼い方?

”家で飼う猫は絶対に外に出してはいけません”

”迷子になるし、交通事故などの危険性もあります”

猫を飼う前にいろいろ猫のことを調べていて、必ずといっていいほど目にした文面です。

それにしたがって(?)マンション住まいの我が家でも、病院に行くときや一家で遠出するときなどの特殊ケースを除いて猫は一度も外に出したことがありません。

脱走防止対策だって(それなりに)万全です。

でもね、時折考えちゃうんですよ。

このままずっと数十m²の限られた空間だけしか動けない猫ってストレスはたまらないのだろうかって。

そもそも生きてることが楽しいんだろうか、なんてね。

これも人間と同じ”脳レベル”で猫を見ちゃうからこんな感傷にひたっちゃうのかもしれませんね。

実際のところ、猫はそんなことこれっぽっちも感じちゃいないかもしれないのに。

”脳で考える”ってこと自体、猫にはないのかな。

すべてが感覚だけなのかも。(よく知りませんけど)

でも単純にそんなふうには割り切れないところもあったりするので、猫の様子がいつも気になるんです。

 

キャプチャ画像

たとえば猫がベランダの出口から外をじっと見つめてるのを見てしまうと、”あ~ちょっとだけ外に出してやろうかな”なんて考えちゃったりもします。

キャプチャ画像

でもすぐに、”いやいやいったん外に出したらそれを覚えちゃってまた外に出してあげないといけなくなるから、それができないんだったら出しちゃダメだ”って考え直すことにはしてます。

外の世界を知ってるのに出られないというのは猫のストレスにもなりかねませんし。

でもですよ、もしかしたら外の様子なんて猫の目にははっきりと見えてないのかもしれません。

猫の視力や視界なんてホントのところは誰にもわからないでしょうから。

となると結論としては”放っておく”のが一番とも言えます。

溺愛できあいではないのに気になる存在

なんでこんなことを考えたりするのかというと、私が自宅仕事でほぼ24時間いっつも猫と一緒にいるせいだと思うんです。

 

うちの猫は数ヵ月前からケージを開放し、全部屋出入り自由にさせてあります。

少しでもストレスを感じさせないようにと思いまして。

その結果、猫はいろんなところをうろつくようになりました。

そのまま放っておいてもいいんですが、しばらく姿が見えないと”もしかしたらどこかに首輪をひっかけて窒息死してるんじゃないか”、とか”どこかすき間から外にでちゃったんじゃないか”とか心配になってついつい探しちゃうんですよね。

でも外に出られるような通路はあるはずもなく、延々探しまくったら意外なところですやすや寝てたなんてオチもしょっちゅう。

当たり前ですが”飼い主の気持なんかどこ吹く風”ってなもんですよ。

最近はもう慣れたもんで、姿が見えなくても「どっかにいるだろう」なんて感じでしばらくは無視してます。

それでもやっぱり3時間くらい姿が見えないと、心配になって再び部屋中を探しに出かける私がいます。

スキンシップが足りなかったからスネちゃったのかなとか、遊んであげないからストレス感じてるのかななんて思いながら。

区切り画像

猫は狭い家ながらもいろんなところを発掘しては横になってます。

カーテン裏に横になっていたり、布で目隠ししたカラーボックスの中に潜り込んでいたり、捨てようと思っていた段ボール箱に潜んでいたり、押し入れの毛布の間に潜り込んでいたり、どうやって登ったんだと?と思うような高所にポツンと座っていたり、それ以上は小物が入らない収納スペースに無理やり体を押し込んでいたり、ファスナーが開いてるバッグの中で寝ていたりと、まあとにかく人間が思いもついかないような場所をなんとか探してだしてはお休みになっておられますわ。

これが日中は家族全員が外出していてその間猫は一人っきりなんて環境ならある程度は割り切りもつくんでしょうけどね。

ねこひかり

ただの思い過ごし?

猫のストレスを案じるのは、私が小さい頃の経験というのも関係しているのかもしれません。

私が過ごした田舎では猫は家の内外を自由に出入りしていたものです。

 

キャプチャ画像

そのイメージが強く残ってるせいか、都内の狭いマンションの中だけで生きてる猫を見てると”大丈夫か、モヤモヤしてないか”なんて考えちゃうわけですよ。

時代も環境も違えば飼い方も変わると言われればそれまででしょうけど、なんか猫を見てると時々、”キミはこの狭い空間で一生を終えるんだぞ。それで楽しいのか?”と考えては猫を抱っこして可愛がってやろうと思うのです。

でもうちの猫ちゃん、抱っこがものすごく大嫌い。

すぐにジタバタして逃げようとします。

そうすると私の優しかった心は豹変ひょうへんします。

”けっ、勝手にしやがれ”てな具合ですぐにいつものクールな感覚に戻るんです。

毎日がこの繰り返し。

まあ、あまり深く考えずに猫と接するのが一番なんだと思います。

それにしても猫っていったい何を考えてんだか。

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP