どこで寝てもいいけど椅子の真下で寝るのだけはやめてくれ!

アイキャッチ画像
この記事は約3分で読めます。

うちの猫、ホントにどこでも寝ちゃいます。

(もしかしたらすべての猫にあてはまることなのか)

どこで寝てもいいんだけど、人間が歩くスペースで寝るのはホントやめてほしい。

踏んづけちゃうから!

以前は定位置というものがありました

猫は1日16時間は寝てるそうですね。

うちのメス猫・ミミさんももありがたいことによく寝てくれます。

1歳になるぐらいまでは定位置で寝てたものでした。

だいたいがキャットタワーのてっぺんかケージの最上段スペース。

キャプチャ画像

冬場は私自作の段ボールキャットハウスの中。

キャプチャ画像

ところが1歳を過ぎたあたりからでしょうか、寝る場所が次第に増えてきたんです。

あらゆるところでだらしなく寝るようになってきたんです。

(これって猫の普通の行動なの?)

★段ボール箱で遊んでそのまま寝つく

キャプチャ画像

★ひなたならどこでも爆睡

キャプチャ画像

★膝に登ってきて勝手に寝る

キャプチャ画像

★お気に入りのマットの上で伸びながら寝る

キャプチャ画像

★押し入れはだらしなさの極致

キャプチャ画像

★布団の足元で寝られるとこっちが動けない

キャプチャ画像

★こたつ下は安全地帯なのか

キャプチャ画像

★天気のいい日はひだまりで

キャプチャ画像

★閉め忘れた引き出しも大好物

キャプチャ画像

★床ならところかまわず寝る

キャプチャ画像

★そこ、完全に通り道で危ないよ!

キャプチャ画像

こんな感じでどこでもすぐに寝ちゃうのが我が家のお猫様。

でも人間の側はそんな猫の様子をいちいち見てるわけにもいきませんやね。

だからテレビを観ててキッチンに移動しようとなにげに歩こうものなら

ぅお、危な!

そこで寝てたんかい!

と危うく踏んづけそうになるからホント怖い。

 

実際、何度か踏んづけちゃったこともあります。

そのたびに野太い声で「ウギャー!」とわめくお猫様なのでありました。

そこだけは勘弁

人間に踏まれることは覚悟の上(?)でそこかしこで寝てるうちの猫。

それはしょうがないとして、唯一”そこだけは寝るの勘弁してな”とお願いしたい場所があるのです。

どうか私が仕事中にオフィスチェアの真下で寝るのだけはやめてくれ!

こちらは仕事に熱中してると、猫が椅子の下に来たことなんてまったく気づきません。

まして椅子の下は完全な死角です。

キャプチャ画像

だから猫の存在を知らずにうっかり椅子を後ろに動かそうものなら、重量のある椅子のキャスターが猫の脚を、腹を…う~、考えただけでも恐ろしい。

でも結局は人間側が譲歩するしかないんです。

椅子を動かさずに椅子から腰を上げるクセをつけるしかないんです。

そう、お猫様に人間が合わせるんです。

こんなんだから、猫の姿が見えない時はすぐに猫の居場所を家族で確認し合うようにしてます。

猫、いま、どこにいる?

ねこひかり

寝る時のクセ

いつ頃からだったか、うちのミミさんの寝る時の”クセ”を発見しましてね。

なぜか寝る時に壁などに首をもたげるんです。

 

★あるときは壁に

キャプチャ画像

★あるときはプリンターに

キャプチャ画像

★段ボールハウスの中でもこの通り

キャプチャ画像

★あるときは飼い主の足に

キャプチャ画像

★あるときはダンボールの壁に

キャプチャ画像

★椅子の下でも、やっぱりね。

キャプチャ画像

寝違え起こさないのかな。

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP