猫が1歳になったらキャットフードを”成猫用”に変える理由

アイキャッチ画像
この記事は約4分で読めます。

我が家の”お猫さま”ミミさんの食事は、1歳の誕生月に”子ねこ用”から成猫用のものに変えてあります。

幸いなことにキャットフードの好き嫌いはあまりなく、相変わらず何を与えても食べてくれ、のんきに育ってるみたい。

ありがたや~、ありがたや~。

※当記事は続きモノです。

  1. ミミ、初めての食事
  2. 食事のバリエーションを広げてみる
  3. 生後8ヶ月目にして体重が3.9kg!栄養与えすぎ?!
  4. 猫の食事を見直してみた、のだが…
  5. キャットフードは”価格”優先か”成分”優先か
  6. ”総合栄養食”のウエットフードを”一般食”へ切り替えてみました
  7. 猫が1歳になったらキャットフードを”成猫用”に変える理由 ←いま見ている記事

1年11ヵ月と言えばもう大人の猫?

もうすぐ推定2歳になる我が家のミミさんは、人年齢で言えば22,23歳ぐらいと言われてます。

キャプチャ画像

そう考えてあらためて猫を見たら…なんか気持ち悪くなってきちゃいましたよ。

だって20歳過ぎの”うら若き”メス猫ですよ。

お化粧もしてオシャレもしてきれいに着飾った若い女の子の顔が猫、なんですよ…ってそういう目で猫を見る人はいないか。

 

キャプチャ画像

 

それはさておき、さすがに生後半年ぐらいまでのやんちゃぶりはなくなりました。

でも突然家の中を走り回ったりすることは今でもたまにあります。

とても成猫とは思えないほどまだまだ子猫みたいなうちのお猫さまです。

人間の食べ物には臆病

ミミさんには1歳までは”子ねこ用”のキャットフードを与えてました。

こちら↓、「ピュリナワン」(ドライフード)です。

キャプチャ画像

中身はこんな感じ。

キャプチャ画像

そしてウェットフードは無一物むいちもつ

キャプチャ画像

もっともこれらのキャットフードに変更したのは生後半年を過ぎたあたりからだったと思います。

というのもそれまではドライフードとウェットフード両方あげてたんですね。

ところが実はどちらも栄養素が豊富な「総合栄養食」だったということをあとで知りまして。

要するに栄養をあげ過ぎてたんです。

そんなこんなで体重は4kgにも届く勢い。

このままじゃただのデブ猫になってしまうと思ってキャットフードの見直しを図ったんです。

そして添加物や防腐剤などの有無を中心に我が家の家計とも照らし合わせて選んだのが「ピュリナワン」と「無一物」だったというわけです。

 

その後1歳になると同時にキャットフードは”成猫用”に変えました。

購入したのは子ねこ用と同じブランドの「ピュリナワン」です。

味はちょっと変えてみました。

キャプチャ画像

中身は…ほとんど一緒って当たり前か。

キャプチャ画像

六角形ペットハウス キャットイン ペットハウスの新しいカタチ

子猫用と成猫用のエサの違い

私は猫の飼育については”初心者”です。

(ペットの飼育自体が初めて)

そのためキャットフードの”説明書き”を律儀に守って子猫時代は子猫用のキャットフードを、1歳を過ぎたら成猫用のキャットフードにきちんと切り替えてました。

でもなんで1歳を境にエサを変える必要があるんでしょうね。

 

調べてみたらその理由は猫の成長速度にありました。

先ほどの年齢早見表を見てもわかるように、猫は生後1年で一気に成長します。

人間で言えば1年で18歳ぐらいまで一気に大きくなるようなもんです。

そりゃ多くの栄養分を必要とするに決まってます。

そのため「子ねこ用」と書かれたキャットフードは総じて栄養分が高めなんですね。

それにこれだけ成長スピードが早ければ、栄養価の高いモノを与えないとひ弱な猫になっちゃう恐れもあるんでしょう、きっと。

 

でも1歳を過ぎる頃には猫の成長はぐっとスピードが緩めになります。

つまり1歳を超えたら栄養分はそれほど与えなくてもいいってことなんでしょう。

だから1歳という年齢が子猫用と成猫用の分かれ目だったんです。

キャットフード以外も食べる?

ミミさんはもうすぐ2歳になります。

このぐらいになるとそろそろキャットフード以外の食べ物をあげてもいいんじゃないかとも思ったりするわけです。

昔の猫は人間が作ったエサを普通に食べてましたからね。

私の田舎の近所では、ご飯に味噌汁をぶっかけただけのまさに”ネコマンマ”をおいしそうに頬張る野良猫をしょっちゅう目にしてたものです。

ところがうちの猫は人間が口にする食べ物を目の前に出しても、クンクンするだけで決して口にはしません。

ガンとして拒否します。

「かわいい~」を連発してたうちの奥さんも「フン、臆病者が」とむくれ顔になるぐらい、キャットフード以外は全くといっていいほど食べようとしません。

その中で唯一口にしたのが削り節

それも恐る恐る。

でも大量にあげたりはしないですよ。

削り節には塩分が相当入ってますからね。
ほんのひとつまみ程度です。

今のところミミさんがキャットフード以外で食べてくれたのはこの削り節だけ。

今度は薄味の”猫用ねこまんま”でも食べさせてみようかなと思ってる今日この頃です。

体重は1歳から変わらず

現在の食事ペースは1日2回。

朝・夕にカリカリを大さじ2杯。

昼にたまにウェットフードを。

さらに週に2回ほど、おやつと称していなばの 「CIAO(チャオ) ちゅ~る」や口臭予防用の「PETKISS オーラルケア」シリーズをあげてます。

この2つに関してはとにかくミミ子さんの大・大・大好物!

キャプチャ画像

ヒマさえあれば私の足元に寄ってきてはミャーと鳴いて、おやつがもらえるまでただひたすらじっと待つのです。

(ネコの後ろの片方だけの靴下は干し忘れかぁ?)

キャプチャ画像

でもあくまでおやつであって与え過ぎると体に悪いだろうから、「今日はダメだよ」と優しく1日に”何度も”諭すのです。

(それでもこりずに毎日何度もやって来るバカ猫ちゃん)

その甲斐もあってか、体重は4.5kg前後でず~と変わらず。

今のところ病院のお世話になることもなく、吐くこともなく、元気がないこともなく、よく言えば変わらない生活を送る毎日のミミさんでした。

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP