ミミさんは抱っこが大嫌い

アイキャッチ画像
この記事は約3分で読めます。

猫をなぜ飼うようになったのか、と言えば…

それは、かわいいから。

それは、癒しになりそうだから。

ま、そんなところです。

となれば、当然抱っこもしたくなるでしょうよ。

チューもしてほしくもなるでしょうよ。

一緒に布団で寝てもほしいでしょうよ。

でもね、そんなのは全部夢のまた夢だったんです。(笑)

抱っこを本気で嫌がるうちの猫

抱っこやチューを欲しがるのはもちろん我が家の女性陣(奥さんと娘)だけです。

私自身はどっちも興味ありません。

(いや、抱っこはしてみたいかな)

ところがミミさんは昔から抱っこもチューも大っ嫌い!

 

これ↓がその証拠写真。

娘がミミさんを抱っこしようとすると、手足を突っ張って本気で嫌がるんです。

 

この”態度”は今でもおんなじ。

抱っこしようとすると、秒速で逃げようとします。

どうなだめてもその態度が変わることはないんです。

女性陣はそのたびにがっかりするんですが、そこでとどまらないのがうちの猫。

”抱っこ→逃げ出す”の直後は、私たちが通称”消毒”と呼んでる行為を速攻で始めます。

   ・

   ・

   ・

そう、体をナメナメするんですよ。

まるで触られたところを”消毒”するかのように。

キャプチャ画像

その行為が始まると女性陣は決まってこう言います。

あ~また消毒してるぅ!

もっとも”消毒”は抱っこの時だけぢゃぁありません。

肉球がかわいいなぁと思ってなでなでしようものなら数秒後には足先をナメナメ。

キャプチャ画像

背中をなでなでしようものなら、首をこれでもかと後ろに回しながらナメナメ。

そんなに触られるのがイヤか!ミミよ!!

でもいつもそばに寄ってくるんです。

すぐ近くで腹を上にしてゴロンと横にもなるんです。

なぜか警戒心は全くのゼロ。

それなのに触ろうとするとスルッと逃げていくんです。

ホント、気まぐれ過ぎるわ。

抱っこだけではないミミ子さんの嫌いな行為

抱っこだけじゃないです。

チューも大っ嫌い!

奥さんがチューしようと口をとんがらせて近づいても
猫はにおいをかぐだけでチューまでにはどうやっても至りません。

冬場、猫と一緒に寝ようと娘が布団の中に猫を引き込んでも
すぐに逃げ出します。

ホントに触られるのがイヤなんですね、うちの猫は。

でも、姿かたちは宇宙一かわいいらしいので(笑)、
決して嫌いになることはないんだそうです。

”消毒”されても「猫だからしょうがない」
完全に割り切れてるみたいですよ。

キャプチャ画像

私なんか抱っこのたびに逃げられると

だれが飼い主だと思ってんだよ。

もうちょっと愛想があってもいいんじゃないの?

なんて思っちゃったりもするんですけどね。

 

総じてうちのお猫さまは典型的な気まぐれ猫のようです。

そして飼い主は今日もまた遠くからただ見つめるだけなのです。

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP