キャットウォーク自作の前に”変則”キャットタワーでベースの足場作り

アイキャッチ画像
この記事は約3分で読めます。

猫が上下運動できそうな高所がほとんどない我が家にキャットウォークを自作しようと思ったまではよかったんですが、キャットウォークまで辿りつけそうな道筋が全くないことにあらためて気づいちゃいました。

さて、どうしましょ。

あ、こうしましょ。

※当記事は続きモノです。

  1. 高所好きの猫のために壁に穴を開けずにキャットウォーク自作に挑戦
  2. キャットウォーク自作の前に”変則”キャットタワーでベースの足場作り ←いま見ている記事
  3. 石膏ボードの壁に穴を開けずにキャットウォークを自作してみた

壁が全部ふさがっている

我が家の中でキャットウォークが作れそうな部屋はわずか1部屋しかありません。

その部屋の中で”キャットウォーク候補地”となる壁がこちら↓、なんですが、ご覧のように壁はモノであふれておりまする。

(生活臭プンプンにおいすぎ…)

キャプチャ画像

こんなんじゃ下から階段状にキャットウォークを自作することなんてできやしません。

かといって壁の上方に作ったキャットウォークに猫が一気にジャンプするには、高さもそうだけど邪魔モノが多すぎ。

 

そこで思いついたのが、TVボードの上のスペースを有効活用できないかってこと。

幸いTVボードのてっぺんにはちっちゃな箱が2つあるだけで、あとは”無駄な”空間が広がってるだけのデッドスペース。

キャプチャ画像

ここをうまく活用して、さらに床からの動線(通り道)もちゃんと作ってあげれば壁(に作る予定)のキャットウォークにも手が足が届くんではないかい?ってね。

部屋にあるモノを踏み台代わりにして上へ上らせるという、”変則的なキャットタワー”とでも申しましょうか。

変則キャットタワー自作

TVボード上に上がるための猫の動線としては、見たところ

手前の小机(にジャンプ)→プリンター上(に登ってジャンプ)→TVボード上に到達

という経路しかなさそうです。

キャプチャ画像

そこでまずはTVボードのてっぺんをプチ改造。

てっぺんの奥行を若干はみ出るほどの大きさの一枚板を購入して置いてみました。

※右下の矢印ホールドで左右にドラッグ可能

Before
キャプチャ画像
After
キャプチャ画像

猫が歩きやすいよう、一枚板には「プラダン(シート)」を敷いてあります。

「プラダン」というのはプラスチックの一種であるポリプロピレン製の中空シートのことだそうで、紙製のダンボールのプラスチック版と思えばわかりやすいでしょうか。

養生なんかに使われることも多いみたいです。

プラスチックのダンボールだから”ブラダン”なんでしょうかね。

キャプチャ画像

てっぺんの”ベースキャンプ”は完成しました。

続いて一段低いところにあるプリンターなんですが、プリンターは使用頻度ひんどが高く、プリンター上に猫を自由に登らせるといろいろ問題が起きそうなのでプリンター上に何らかのを作ってあげる必要がありそうです。

キャプチャ画像

そこでまたまたホームセンターで板を購入し、簡単な台を自作してみました。

この台の内側にプリンターを置いて、台の上をTVボードてっぺんへの猫の動線にします。

キャプチャ画像

とりあえず”将来の”キャットウォークへの動線は確保できました。

キャプチャ画像

新たに出現した高所”ベースキャンプ”は居心地がいいんでしょうか、完成した当日からお猫さまの昼間のお休み処になりましたよ。

キャプチャ画像

ついでと言っちゃあなんですが、コストコで買い物した時にもらってきた硬めの段ボール箱がちょうどいいサイズだったのでてっぺんに置いてみたんです。

そしたら…

キャプチャ画像

案の定、暗くて狭いところが大好きなお猫さまはさっそく昼も夜も入り浸りの図でした。

キャプチャ画像

プリンター上の台も日が当たる午前中はちょうどいい昼寝場所のようで、そこで寝てることもしょっちゅう。

キャプチャ画像

六角形ペットハウス キャットイン ペットハウスの新しいカタチ

ようやくキャットウォークへ

さて、いよいよ本題のキャットウォーク作りに取りかかります。

そっちの方がもっと高い場所に設置される予定なので、お猫さまもきっとお喜びになられるのではないかと期待しております。

問題はネジを押し込んでもすぐに取れちゃう石膏ボードにどうやってキャットウォークを取り付けるかですよ。

できることなら壁に大きな穴は開けたくないんですよね。

もしもあとあとキャットウォークを外すようなことになった場合、大きな穴は目立ちますから。

これに関しては…なんとホチキスで代用可能だったんです。

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP