石膏ボードの壁に穴を開けずにキャットウォークを自作してみた

アイキャッチ画像
この記事は約11分で読めます。

さてさてようやく石膏ボード壁上にキャットウォークを自作する環境が整いました。

最初の下準備だけがちょっと大変ですが、そこさえ乗り切ればあとは数を増やすだけの単純作業なので頑張っていきますよ~。

※当記事は続きモノです。

  1. 高所好きの猫のために壁に穴を開けずにキャットウォーク自作に挑戦
  2. キャットウォーク自作の前に”変則”キャットタワーでベースの足場作り
  3. 石膏ボードの壁に穴を開けずにキャットウォークを自作してみた ←いま見ている記事

どこにキャットウォークを作る?

なんでここまでネタを引っ張るようなことになったかというと、そもそもキャットウォークを作る場所が問題だったんです。

というのも今回キャットウォークを設置したい場所というのがコチラ↓ので囲った部分。

ご覧になってわかるように、壁がモノで埋まっているため猫がキャットウォークまでたどり着けないという事情がありまして。

キャプチャ画像

それでまずはキャットウォークにたどり着くまでの”ベースキャンプ”作りから始めなきゃならなかったというわけです。

 

そして次なる問題点が、我が家の壁が石膏ボードだということ。

石膏ボードってネジを差し込んでもクギを打ち込んでもすぐにボロっと取れちゃいますでしょ。

だからといって石膏ボード専用のネジを使うと大きな穴が開いちゃいます。

それはイヤだなぁと思っていろいろ調べていたら、いいのがあったんです。

それがホチキスを使ったやり方でした。

ホチキスだけで壁掛け可能?

キャットウォーク自作に先立って、以前「コレ、買ってみようかな」と思っていた商品がありました。

それが”ホチキスだけでテレビを壁掛け可能なTVセッター壁美人という商品。

リンク先を見てもらえばわかりますが、ホチキスで留め金具を石膏ボードに固定しそこに薄型液晶テレビをひっかけることで”壁掛けテレビ”を実現させるというものです。

動画↓を見ると強度はかなりありそうなんですね。

ということはですよ、今回の石膏ボード上へのキャットウォーク設置もこれを応用すればイケるんじゃないんでしょうか。

そこでさらに調べていったら…ありましたよ。

壁掛け収納用”壁美人”という商品が、ね。

私が購入したのはこちら↓の「壁美人フック(12kg用)2枚セット」「受け金具(12kg用)」になります。

(※大きさ・耐荷重など詳しいことは後ほどご紹介します)

キャプチャ画像

今回使用する”壁美人”石膏ボード専用品になります。

石膏ボードといってもいくつか種類があるみたいです。

”壁美人”が使えるのは、虫ピンなどを刺すとズボッとすぐに刺さるような柔らかい石膏ボード上になります。

(まれにピンが刺さらない硬質石膏ボードというのもあるそうです)

壁に虫ピンを刺してみて先端に白い粉のようなものが付くようなら一般的な石膏ボードと言えます。

キャプチャ画像

これが石膏ボードの内側に”金具(骨組み)”が入っている箇所はホチキスが刺さりません

見分け方としては、虫ピンをいちいち刺して入るかどうか確認するやり方のほかに、金づちを使って確認する方法もあります。

内側に何もない石膏ボード上で金づちを軽く叩くと、(中に空洞がある感じの)低い音で”ポコッポコッ”という音がします。

一方、内側に金具がある場所では軽めの音で”コンコン”という音がします。

そういった場所には”壁美人”は使えないので、キャットウォークを設置する場所を予め調査しておいた方がいいでしょう。

ねこひかり

キャットウォーク制作

先にキャットウォーク(試作品)の完成品を披露しておきます。

石膏ボード上にホチキスで打ち込んだ壁美人にキャットウォークを引っかけただけの単純構造です。

※右下の矢印ホールドで左右にドラッグ可能

Before
キャプチャ画像
After
キャプチャ画像

金具(壁美人)に引っかけてるだけなのでキャットウォーク自体はすぐに外せます。

金具(壁美人)もホチキスで留めてあるだけなので外すことも簡単です。

ホチキス留めなので、外した後も穴が目立つことはありません。

(近づいてよくよく見ればわかりますけど)

キャットウォークの作り方はいろいろあるでしょうが、今回は木製棚受けに板を渡すというシンプルなやり方にしてみました。

 

まずはキャットウォーク作りから。

こちらから始めた方が寸法がきっちり出せます。

その寸法に合わせて”壁美人”を壁に取り付けていきます。

材料

キャットウォーク作りに際して材料選びにはかなり迷いました。

基本は材料費が”安い”こと。あまりお金はかけたくありませんからね。

(もしもお金をかけてもいいっていうなら市販のキャットウォークを購入した方が断然ラクです)

そしてある程度の強度は保ちながらも”軽い”ってことも重要です。

壁上に掛けるものですから、自重で落ちちゃうなんて憂き目には逢いたくないですもの。

そんなわけで今回選んだ材料がコチラ↓。

(クギとかネジ類は若干多めに用意しちゃってます)

キャプチャ画像

猫が乗っかることになる土台(平板)は600×450×5mmの合板(ベニヤ板)です。

それを半分に切って(300×450mm)横幅45cmとして使います。

(長さや大きさはもちろんこれに限ったことではありません)

キャプチャ画像

ホームセンター等で売ってる安い合板(ベニヤ板)はってる板がけっこうあります。

適当に選ぶんじゃなく1枚1枚手に取って反りがないかどうかを確認してから購入するといいですよ。

白木(900×60×12mm)も半分に切って(長さ45cm)おき、合板と白木は猫が怪我をしないよう角を紙やすり等で滑らかにしておきます。

キャプチャ画像

この合板と白木を木製棚受けに”装着”していきます。

なお今回使用する木製棚板ですが、クギ打ちだけで棚受けと白木をくっつけていくと強度に問題がありそうなのでネジ締めができるよう予めネジ穴が開いたものを選んでます。

(木製棚板のサイズは290×290mm)

キャプチャ画像

※コチラは↓今回使用した木製棚受けとほぼ同じモノかと思われます。

(私はホームセンターで購入しました)

画像を見る限りではネジも付属しているようなのでネジの系や長さで悩むことはないでしょう。

組み込み – 補強版

この木製棚受けに補強版の白木を取り付けます。

ただし注意しなければいけない点がひとつあります。

それがネジの下穴開け

ネジと言えどもそのまま白木に無理やりねじ込んでいくと木が割れる恐れがあります。

そのため事前にネジが通りそうな部分にキリ等で下穴を開けておきます。

キャプチャ画像

下穴をあけたところでネジ締めしていきます。

(使用ネジについては後述

キャプチャ画像

ネジ用の穴あけが不十分だと板が割れる恐れがあると書きましたが、こちらが実際に”やっちゃった”図です。

下穴の深さが不十分だったがために板にネジを押し込む途中でヒビが入っちゃいました。

(慌ててガムテープで補強してます)

キャプチャ画像

ネジ留めした箇所は全部で4ヵ所。

キャプチャ画像

ネジ系について

ネジ穴付きの木材を購入した場合、どのサイズのネジを購入したらいいのかわからない方もいらっしゃるでしょう。

そんなときのために簡単な調べ方をお教えします。

ネジを購入する時、まず何に悩むかと言うとおそらくM4とかM5といった数字かと思います。

今回の例で言えば、左側がM4で右側がM3のネジになります。

(Mという数字があるモノもあれば下画像のようにないモノもあります)

キャプチャ画像

ネジサイズが指定されてればそのサイズを購入すれば済みます。

でもサイズ指定されてない場合は自分で調べて購入する必要があります。

今回使った木製棚板にはネジ穴が最初から開いてました。

ではどのサイズのネジを購入すればいいのかというと…穴の直径を測れば見当がつきます。

実際に測ってみるとネジアタマの直径8mm、
ネジ穴の直径4mmありました。

キャプチャ画像

この場合、ネジ穴の直径がネジのサイズになり、4mm=M4のネジと言うことになります。

実際に木製棚受と白木はM4のネジで締めているんですが、そのネジの直径を測ってみると4mm、ネジアタマは8mmあります。

(ネジの長さは木の厚み次第で調整します)

キャプチャ画像

ついでにネジアタマの形状ですが、今回使ったのは通称”皿ネジ”と呼ばれる頭が平らなネジです。

”お皿”のような形状なので皿ネジと言われるんですが、特徴はでっぱりがないこと。

ネジに猫の脚がひっかかるのを防ぐために皿ネジにしてます。

キャプチャ画像

組み込み – 土台

猫が直接乗っかる部分には安くて加工もカンタンな厚さ5mmの合板(ベニヤ板)を使ってます。

コチラは木製棚受けの”上”に装着するので、ネジ留めではなくクギ打ち(4ヵ所)だけでも充分かと。

(ヒビ割れ防止用に白木への下穴開けは必要です)

ただし使うクギは猫の怪我防止用にやはり頭が平らなクギを使います。

またクッション材として厚手の両面テープを板と合板の間に貼ってます。

キャプチャ画像

またしても失敗談を一つ。

土台となる合板(ベニヤ板)はできるだけ”木目”を気にした方がいいです。

こちら↓よく見ると、合板の木目が接着板と同じ向きになってますでしょ。

これだと強度が弱くなるんですよね。

キャプチャ画像

今回は横幅450mmと短めだったのでなんとか乗り越えられましたが、もっと長めのものを作りたい時はこの”木目”では猫が乗ったときに割れてしまう危険性があります。

私も合板を購入して半分に切って白木と合わせた時に初めて気づきました。

ヤバっ、これじゃ”目”が反対だ!

実際に何度も手で押してみて「なんとかギリギリ大丈夫そうかな」という感触だったんでそのまま続行しましたが、本来ならこの”目”はきっちり確認すべき点です。

組み込み – 壁美人用受金具

続いて”壁美人”に引っかけるための金具の取り付けです。

今回は壁美人12kg用平型金具(P-8)というのを使ってますが、他にも「段型」や「L字型」といった種類もあります。

取り付けるモノの構造によって使い分ける感じです。

キャプチャ画像

引っかける位置に合わせて(指定の)M3のネジで留めていきます。

(白木側には予め下穴を開けてます)

キャプチャ画像

これで大枠は完成です。

キャプチャ画像

本当ならここでつや消しとか塗りたかったんですが、猫に無害の塗料がイマイチよくわからなかったので今回はやめにしました。

それに万が一猫が嫌がるにおいだったら元も子もないですからね。

組み込み – スペーサー

最後はスペーサーの取り付けです。

スペーサーというのはモノとモノの間にはさんで空間を確保(調整)するための道具みたいなものです。

コチラ↓をご覧ください。

完成したキャットウォークを実際に壁に取り付けようとすると、壁美人と受け金具の厚みの分だけキャットウォークが傾いちゃいます。

さらに素材が木でできている分、猫がキャットウォークに乗れば
猫の重みでどうしてもたわみ(傾き)が生じる可能性も出てきます。

キャプチャ画像

そのため壁にくっつく白木の下側に、傾きを調整するためのスペーサーを付けてみました。

今回は実際の厚み分(受け金具の厚み)+木のたわみも考慮して、若干大き目(長め)のスペーサーを取り付けてあります。

キャプチャ画像

大き目のスペーサーなら仮に猫がキャットウォーク上で寝てしまっても体重が壁側にかかることになるので、いつのまにか手前に落ちちゃったなんて心配はなくなるでしょう。

(寝相が悪くて落ちる可能性は残ってますけど)

またスペーサーをつけないと壁に直接木が当たってカタカタして不安定です。

ゴム製のスペーサーならクッションの役割もして安定性が増します。

”壁美人”の設置

キャットウォークが完成したところで、次はそれを壁に引っかけるための”壁美人”の設置です。

キャットウォーク背面に付けた2枚の”受け金具”間の寸法を測り、それに合わせて壁に”壁美人”を設置していきます。

キャプチャ画像

寸法通りに設置するやり方としては、マスキングテープなどを使って仮位置を調整し、ホチキスを2ヵ所ぐらい打って壁美人を仮止めします。

そこにキャットウォークを当ててみて、位置を微調整しながらホチキスの針を打ち込んでいくとズレが最小限に抑えられます。

※壁美人の取り付け方法を動画で見る↓

※音が出るよ

これで今回のキャットウォーク自作は完成です。

キャプチャ画像

実際に設置してみたらさっそく興味を示した猫が乗っかりにやってきました。

キャプチャ画像

しかもタイミングよく届いたAmazonの梱包資材がこれまたサイズがぴったり!

キャプチャ画像

寝床としても充分使えそうなキャットウォークでした。

キャプチャ画像

作り方のコツはわかったので、あとはバリエーションを変えて増産するだけ。

その際、気を付けなきゃいけないのが壁美人の大きさです。

”壁美人”の大きさについて

壁美人耐荷重によっていくつか種類が分かれてます。

今回使った壁美人は金具サイズが12Kというもので、1枚の耐荷重が12kgというものです。

ただしこれにはちょっとしたカラクリがあります。

キャプチャ画像

コチラ↓の表をご覧ください。

仕様を見ると耐荷重12kgというのは、奥行(A)よりも高さ(B)が10倍以上のときのものなんですね。

この”方程式”を元に算出すると、今回のキャットウォークは”1倍”の計算になり、
1枚当たりの耐荷重が1.2kg!とかなり低くなってしまいます。

キャプチャ画像

実際には2枚使っているので合計でも2.4kg

でもうちの猫、現在4.5kg!あるんですよ。

そこに材料の重さが加わったら5kgは超えちゃって、思いっきり耐荷重超え!じゃないですか。

かといって24Kタイプの壁美人はちょっとデカすぎだし。

解決策としてはBの長さを長くとって”耐荷重を増やす”ことでしょうけど、そんな都合のいい木材はそうそうないでしょう。

ともあれ猫がキャットウォーク上に常駐するわけでもないし、荷重も板上にうまい具合に分散されそうだし、何度も手で押しても壁美人が外れそうな気配はゼロっぽいし。

そんなわけで、12K×2枚でもなんとか大丈夫だろうとの勝手な考えで作っております。

材料費一覧

かかった主な材料費はこちら↓。

(税込概算&送料等は含まず)

壁美人(12K×2枚セット)
1,370円
12K壁美人用平型受け金具(P8×2枚セット)
530円
合板(600×450×5mm)
600円(※半分しか使ってないので実質300円)
白木(900×60×12mm)
630円
木製棚受け(2個)
350円×2=700円
クギ&ネジ類
600円(※使用分のみ)
合計
4,430円

最初の構想では3,000円ぐらいで収めるつもりでしたが結果としては4,000円越えになってしまいました。

この価格が安いか高いかは、正直微妙なところです。

それでも頭に描いた通りのキャットウォークが作れたという満足感から言えば決して高い買い物とは思いません。

(負け惜しみじゃないですよ~)

それに作る数を増やせば木材やネジ類は使い回しもできるので、その分いくらかは安くなるでしょうし。

次からは棚受けの大きさや土台になる合板の大きさなどを変えつつ、バリエーションのあるキャットウォークを作っていきましょうかねぇ。

スポンサーリンク

アイキャッチ画像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP