食事のバリエーションを広げてみる

この記事は約3分で読めます。

猫ってモノの味がわかるんでしょうか。

味わうってことを知ってるんでしょうか。

※当記事は続きモノです。

  1. ミミ、初めての食事
  2. 食事のバリエーションを広げてみる ←いま見ている記事
  3. 生後8ヶ月目にして体重が3.9kg!栄養与えすぎ?!
  4. 猫の食事を見直してみた、のだが…
  5. キャットフードは”価格”優先か”成分”優先か
  6. ”総合栄養食”のウエットフードを”一般食”へ切り替えてみました
  7. 猫が1歳になったらキャットフードを”成猫用”に変える理由

好みは子猫の時に決まる?

猫に与えるエサ(食事)って、子猫の頃の食事にこだわる傾向があるって聞いたことがあります。

それが1種類しか興味がなかったとしたらずっと1種類しか食べないってこともあるそうですよ。

最近聞いた話で、いとこのところで飼われている3歳になるネコちゃんは、もうずっと前から1種類のエサしか受け付けないみたいです。

他のモノは何を与えても「プイッ」てな感じで頑固に拒否反応を示すんですって。

そうなるとそのエサが手に入らなくなったり(製造中止?)、家庭で作ることができなくなったりしたときなんかは代替品を探すのが大変なんじゃないかと思うんです。

 

そもそも人間みたいに、

毎日同じモノばっかりでもう飽きたよ!

たまには別のモノを食わせてよ!

というのはないんでしょうか。

どうなんでしょうね。

そこで我が家のミミさんはどんな味がお好みなのか、ちょっと試してみることにしました。

といってもまだ生後1年にも満たない子猫なので、食べられる食材は限られてきちゃいますけど。

区切り画像

ネットで”子猫用”の食材を調べたところ、ウェットタイプの栄養食はどれもみな似たようなもので特に変わったモノはあまりありません。

そんな中、これまでずっと与えてきたカルカンのウェットフードに、まぐろ味以外のモノがあったことに気づいたんです。

さっそく3種類を追加して合計4種類の食事パターンで1ヵ月様子を見ることにしました。

揃えたのはこちら↓の4種類。

キャプチャ画像

できれば味にかたよりなく、なんでも食べられる猫に育ってくれると助かるんですが。

味が異なる(?)4種類のフードを試す

こちらは最初から与えていた「まぐろ・ゼリー仕立て」

ドロっとしてて、なぜかサバ缶を開けた時の香りがします。(笑)

キャプチャ画像

こちらは同じマグロですも「シラス入りまぐろ・ゼリー仕立て」

若干ですがシラスのようなものが見えます。

キャプチャ画像

こちらは「かにかま入りかつお・スープ仕立て」

上記2種のマグロよりもトロッとしていて、スプーンですくうとまるで”酒盗(カツオの内臓の塩辛)”のようです。

香りは…やっぱりサバ缶。

キャプチャ画像

最後は「チキンやわらか・とろみ仕立て」

4種類の中で一番スープ(水分)が多く、肉の塊がゴロゴロしてます。

キャプチャ画像

これらを1ヵ月ほどランダムにミミさんに食べさせてみました。

結果は…

好き嫌いなく、どれも毎回完食

そうはいうものの全部同じメーカーのモノなので、大した比較にはならなかったかもしれません。

基本の味付けや香りが好みのモノであったなら、どれを食べても一緒でしょうから。

それでも食事に関しては今のところ何でも大丈夫そうみたいなのがわかってちょっと安心です。

六角形ペットハウス キャットイン ペットハウスの新しいカタチ

カリカリは?

一方、ドライフード(カリカリ)は2種類用意してみました。

ドライフードに関してもどれもみんな似たようなもので、見た目の違い以外に大きな差はない感じです。

用意したのはこれまで与え続けてきた「ロイヤルカナン・キトン」とホームセンターでみつくろってきたごく普通のカリカリです。

キャプチャ画像

結果から言えば、こちらもどれも好き嫌いなし。

食事に関しては手間がかからないいい子のようです。

 

キャプチャ画像

カルカンの最安値は?

猫の食費もバカになりません。

できれば可能な限り安く仕入れたいものです。

カルカンに限った話にはなりますが、ちょっと調べてみました。

(※執筆時点での調査結果です)

Amazon及び楽天での販売価格は、約1ヵ月分(32袋)なら送料込みで1袋あたり平均80円台後半~90円台(税込)とちょっとお高めです。

(購入先や購入品目・購入数によってはもっと安くなる場合もあります)

ペット総合用品のcharmなら、約1ヵ月分(32袋)だと送料込みで80円(税込)台前半ぐらいですね。

これを約2ヵ月分まとめて買ったりカリカリと同時購入などで送料無料の金額にまで行けば、1袋当たり60円(税込)台前半にまで下がります。

いずれにしてもよく食べるエサがわかった時点で大量一括購入に切り替えれば、食費はかなり安く浮きそうですね。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

PAGE TOP